お知らせ


2018年4月24日火曜日

2018・04・24<新入荷>古伊万里、幕末伊万里、明治時代の器6種

こんにちは。良心価格で品揃え豊富な和骨董のお店、
吉祥寺PukuPuku西公園前店でございます。
いつも当店のブログをご覧くださいまして誠にありがとうございます。




吉祥寺PukuPukuでは新入荷のお品物が日々続々入荷中!!
そのどれもが普段使いに、おもてなしに、即活躍するものばかりです。
器は料理の着物と申します。
情緒のうつわとして、暮らしのうるおいにお役立てくださいませ。


本日は現代においてもなお色褪せない美しさを発揮する
染付角皿からご紹介して参ります。
お電話によるお問い合わせ、地方発送、買取も随時承っております。


染付山葡萄図角皿
1客 3,800円+tax
(江戸幕末)
約17㎝×約17㎝・高さ約4㎝


サイズ感珍しい、小ぶりな角皿が入荷です。


角は入隅となり、すっきりとした印象に仕上がっています。


柔らかな呉須調が器面にひろがり、
見込みには器形に合わせて描かれた松竹梅図が配します。


縁文様はぷっくりと実る山葡萄図が描かれます。
実り多い山葡萄は多幸モチーフとされ、蔓の絡まる様子も
延命長寿・子孫繁栄といった唐草文と同じく吉祥文様とされています。


力強く描かれた蔓が文様を繋げます。
葡萄の愛らしさや、
蔓の生き生きとした様子が伝わってきますね。


見込みに深さを持たせ、縁は端反りとなります。
口縁部はやや厚みのあるしっかりとした造りです。


入荷の少ない、小ぶりな角皿。
盛り皿、銘々皿、パン皿、菓子皿…
多用途にお使いいただけ、普段使いに重宝します。

☎吉祥寺PukuPuku西公園前店 0422-27-5345
OPEN  EVERYDAY 11:30~19:30
E-mail:kichijyoujipukupuku@gmail.com
アンティークのものはいいものを安く手に入れる
方法のひとつではないでしょうか。
今つくろうとするととてもこの値段では出来ないものがたくさんあります。
工程のどのひとつを見ても心がこもっております。


染付八方に花図6,5寸皿
1客 4,800円+tax
(江戸幕末)
径約19,5㎝・高さ約3,5㎝
※入荷数5客・内1客絵柄違い


落ち着きある呉須が染み渡り、
モダンな描き込みで優美な印象を放っております。


見込みはデザイン化された花図が配し、洒落た印象。
周りを氷裂のような幾何学文が囲みます。


洒落た雰囲気は縁文様へと続きます。


愛らしい姿の花が、上下交互に顔を覗かせます。
八方に配した花の間を帯状の文様で区分けしており、
幾何学文が器面にアクセントを加えます。


緩やかな曲線を描く輪花縁には輪郭線が施され、、


口縁部はやや端反りとなります。


裏側は唐草文がめぐります。


八方に花図は入荷4客です。


入荷5客の内1客、絵柄違いがございました。
器面を区分けする幾何学文や配置は同じですが、
こちらの1客のみ六方に花図となり、花のデザインも異なります。


絵柄違いでお愉しみいただくのも◎
濃淡効いた絵付け、豊かなデザイン力をご堪能ください。
人気の6,5寸皿、お問い合わせはお早めにどうぞ。



瑠璃釉金彩亀図角なます皿
1客 2,200円+tax
(江戸後期)
約13,5㎝×約13,5㎝・高さ約5㎝


落ち着いた色調で、店内でも一際目を引く瑠璃釉。
今では比較的お手頃価格な瑠璃釉の器ですが、
当時、高価であった呉須をふんだんに使った贅沢な器です。


こっくりとした色合いで、風格のある瑠璃釉に映える金彩の絵付け。
瑞兆として描かれる亀には、
千年生きると甲に毛が生えるとされ、その姿を多く見かけます
その様子は老人の髭を想わせ、
長寿の象徴とされる亀のイメージにも合いますね。


口縁部にも金彩で華やかさを添えます。
裏柄は無く、瑠璃釉独特の深い藍色が光を反射します。


型打ち成型による変化に富んだ形ですが、
なます皿ならではの万能さも併せ持ちます。


凝った意匠の器形が躍動感ある亀をより引き立てています。
瑠璃釉は、他の古伊万里の色絵や染付の器とも相性抜群◎
土物にも合いますよ!是非お試しください。

☎吉祥寺PukuPuku西公園前店 0422-27-5345
OPEN  EVERYDAY 11:30~19:30
E-mail:kichijyoujipukupuku@gmail.com


明治時代の染付小皿、多数入荷しております。


染付蕪と大根図小皿
1客 2,500円+tax
(明治前期)
径約11㎝・高さ約3㎝


明治期独特の濃く、鮮やかなコバルトブルーが輝きを放ちます。


見込みは文字が描かれ、周りには白抜きした蕪と大根図。
濃淡効かせたダミを用いて、ふくよかな蕪と大根や
大きな葉を生き生きと描いています


蕪も大根も春の七草のひとつであることから、
厄除けの願いを込めて文様化されたものと思います。


見込みの文様に劣らず、目を奪われる縁文様。
卍繋ぎ文様がびっしりと描き埋められ存在感を放ち、
口縁部の鉄釉が器面を引き締めます。


手描き故、見込みの大きさが異なるので印象も其々。


立ち上がりがあり、しっかりとした深さのある器形ですので
お醤油やタレ入れに、和え物盛るのにも丁度良いです。


裏柄は宝文。丁寧に描かれています。


今なら5客揃えてのお求めも可能です。
人気の蕪と大根図、お問い合わせはお早めにどうぞ。



染付茄子図小皿
1客 900円+tax
(明治前期)
径約10㎝・高さ約2,5㎝


続いても人気モチーフ、茄子図のご紹介です。
淡く、柔らかな雰囲気纏った姿は其々個性豊か。


ふくよかに実った茄子がコロコロと愛らしく描かれ、
なす→『成す』という意味合いで描かれた吉祥文です。


口縁部には輪線が引かれます。
小ぶりなサイズですが、高台は厚くしっかりとした造りです。


心和む意匠をお愉しみください。
こちらも今なら揃えてお求めいただけます。



金彩染付蘭花図小皿
1客 900円+tax
(明治前期)
径約12㎝・高さ約2,5㎝
※2種有り


今回、同じ図柄で金縁・金無しの2種入荷しました。

↑金彩有り
控えめながら、施された金彩が華やかさを添えています。

↑金彩無し
すっきりとした、爽やかな印象を放っています。


上り良い素地に散らされた蘭花。
輪郭線の内側は異なる手法を用いた手の込んだ絵付けです。
濃い色はダミ埋め、淡い色の方は線描きで目を愉しませてくれます。


裏側は二方に宝文が配します。


細やかな手仕事が窺え、
可憐さの中に、凛とした美しさを持った小皿です。

☎吉祥寺PukuPuku中道通り店 0422-27-1636
OPEN  EVERYDAY 11:30~19:30
E-mail:kichijyoujipukupuku@gmail.com
以上、新入荷の一部をご紹介いたしました。
最後まで吉祥寺PukuPuku西公園前店のブログをご覧くださいまして、
ありがとうございます。
次の更新は4月27日(金)となります。お楽しみに♪
今後も話題豊富に新入荷のお品物をいち早くご紹介してまいります。
吉祥寺へお越しの際には、是非当店へお立ち寄りくださいませ。
お電話によるお問い合わせ、地方発送も随時承っております。
良心価格で品揃え豊富な和骨董はぜひ当店で。
☎吉祥寺PukuPuku西公園前店 0422-27-5345
E-mail:kichijyoujipukupuku@gmail.com
OPEN  EVERYDAY
ご常連のお客様より、お手製の器の座布団をいただきました☆
器の持つ魅力をさらに引き立たせてくれています。
お心遣いありがとうございます。

ブログ アーカイブ